Language Switcher: English

TakiwakiTomoya

articles

大質量星の重力崩壊直前における酸素殻燃焼の3次元シミュレーションに成功

東京大学の吉田敬研究員と科学研究部の滝脇知也助教らのグループは大質量星の酸素殻燃焼時の3次元シミュレーションに成功しました.シミュレーションの結果,乱流の強さを表すマッハ数で0.1にもなる強い乱流が得られました.図はその様子でSiの量を色...
articles

超新星中の原始中性子星を星震学で診断

重力崩壊型の超新星爆発は光以外にもニュートリノや重力波を放出する.それらを検出することがその爆発機構の解明につながると考えられている. 科学研究部の祖谷元 研究員や滝脇知也 助教らのグループは星震学と呼ばれる手法を使って超新星爆発中...
news

国立天文台フェロー(2020採用)募集開始(2019/09/06締め切り)

国立天文台フェローの2020年度採用の募集が始まりました.多数のご応募をお待ちしております.詳しくはこちらをご覧ください.締め切りは9月6日正午(JST)です.科学研究部が受け入れている国立天文台フェローについてはこちらをご参照ください,...
news

川島朋尚 特任助教がBSフジ「ガリレオX」に出演

2019年6月23日,川島 朋尚 特任助教(天文シミュレーションプロジェクト)がBSフジ「ガリレオX」に出演し,EHTの成果について説明しました. ガリレオX天文月報の川島さんの記事川島さんの個人WEBページ
articles

原始星のX線フレアの謎に挑む

星は冷たいガスが重力で集まって誕生するため、赤ちゃん星である原始星はX線を出すような高温現象とは無縁だと考えられていた時代がありました。しかし観測から、原始星がX線を出すような激しい爆発を頻繁に引き起こしている様子が示されています。この謎...
news

科学研究部の准教授を若干名公募(締め切りは2019年6月28日)

詳しくはこちらをご覧ください.
news

野村英子教授が着任

こちらにて公募されていた科学研究部の教授に野村英子さんが着任しました.多くのご応募ありがとうございました.
news

三鷹・星と宇宙の日2018

news

科学研究部の教授を若干名公募(締め切りは2018年11月16日)

以下にtennet:16659を転載します。 Dear tennet/oml subscribers, 国立天文台は2019年4月に設置予定の科学研究部の教授を若干名公募します。 締め切りは11月16日です。詳しくは下記ご覧く...
news

滝脇知也助教が第7回自然科学研究機構若手研究者賞を受賞 (2018年6月22日)

タイトルとURLをコピーしました