Language Switcher: English

articles

articles

電子捕獲型超新星爆発におけるニュートリノ振動を予言

ニュートリノ振動はニュートリノのフレーバーが時間とともに変化する量子力学的現象であり、真空と物質中では異なる振る舞いをすることが知られています。重力崩壊型超新星の内部ではニュートリノ同士の自己相互作用によりニュートリノ集団振動と呼ばれる非...
articles

星周物質と衝突して光る超新星の多次元輻射流体力学シミュレーション

大質量星の爆発である重力崩壊型超新星の中には、周囲に存在するガス(星周物質)と相互作用している観測的徴候を示すものも存在し、II型超新星やIb型超新星(どちらも超新星のスペクトル分類で、水素の吸収線が見られる超新星と水素が見えないがヘリウ...
articles

隕石中に小惑星の氷の痕跡を発見

【概要】 東北大学院理学研究科の松本恵助教と国立天文台科学研究部の片岡章雅助教らによる共同研究チーム(京都大学、立命館大学、海洋研究開発機構、高輝度光科学研究センター、産業技術総合研究所、ロンドン自然史博物館など)は、理化学研究所の...
articles

深層学習による宇宙物質地図復元

重力レンズ効果は, 遠方にある天体の像が, 天体と観測者の間にある物質分布の重力により歪められる一般相対論的な現象です. 重力レンズによる個々の像の歪みは小さいですが, たくさんの銀河像を統計処理すると, 宇宙論的な距離スケールでの物質密...
articles

明るい超新星の中心エンジンモデル

重力崩壊型超新星の中には、通常の10-100倍明るく輝く種族(超高輝度超新星)や10倍以上の爆発エネルギーで爆発する種族(極超新星)などの特殊な種族がいますが、その起源はよく分かっていません。そのような激しい爆発を説明するシナリオの一つと...
articles

大質量星の重力崩壊直前における酸素殻燃焼の3次元シミュレーションに成功

東京大学の吉田敬研究員と科学研究部の滝脇知也助教らのグループは大質量星の酸素殻燃焼時の3次元シミュレーションに成功しました.シミュレーションの結果,乱流の強さを表すマッハ数で0.1にもなる強い乱流が得られました.図はその様子でSiの量を色...
articles

超新星中の原始中性子星を星震学で診断

重力崩壊型の超新星爆発は光以外にもニュートリノや重力波を放出する.それらを検出することがその爆発機構の解明につながると考えられている. 科学研究部の祖谷元 研究員や滝脇知也 助教らのグループは星震学と呼ばれる手法を使って超新星爆発中...
articles

すばる望遠鏡ハイパーシュプリームカムで不可思議な超新星を発見

すばる望遠鏡ハイパーシュプリームカムにより発見された不可思議な超新星HSC16aayt (SN 2016jiu)が科学研究部の守屋尭助教の率いるチームにより報告されました。通常の超新星は1ヶ月程度で最大の明るさに達するのに対し、HSC16...
articles

アルマ望遠鏡で惑星誕生の現場をピンポイントで特定

科学研究部の塚越崇特任助教らの研究グループは、若い星うみへび座TW星を取り巻く塵とガスの円盤(原始惑星系円盤)を観測し、円盤内で惑星が作られつつある強い証拠を発見しました。円盤内に、これまで発見されていなかった小さな電波源が存在することを...
articles

原始星のX線フレアの謎に挑む

星は冷たいガスが重力で集まって誕生するため、赤ちゃん星である原始星はX線を出すような高温現象とは無縁だと考えられていた時代がありました。しかし観測から、原始星がX線を出すような激しい爆発を頻繁に引き起こしている様子が示されています。この謎...
タイトルとURLをコピーしました