科学研究部は、理論と多波長観測、マルチメッセンジャー天文学といった、分野の垣根を超えた融合研究により、天文学の知の地平線を広げることを目指し、2019年に新たに設立されました。国立天文台のスーパーコンピュータや大型観測装置を活用して、個人の自由な発想に基づく研究を花開かせ、世界第一線の天文学研究を行うことを目標としています。現在、院生や研究員、スタッフを合わせて約60人程度の研究者が、理論、観測を問わず幅広い手法で、惑星系から宇宙論まで、様々な階層の天体を対象として、世界最先端の研究成果をあげています。

研究ハイライトResearch Highlights
Archives
最大光度-増光時間関係
2020.8.18 星周物質と衝突して光る突発天体の系統的1次元輻射流体力学シミュレーション ...Read more
2020.6.18 スパースモデリングを応用した画像復元法をアルマ望遠鏡のデータに適用し、惑星系形成の現場を3倍以上に解像して捉えることに成功 ...Read more
2020.4.14 電子捕獲型超新星爆発におけるニュートリノ振動を予言 ...Read more
2020.1.23 星周物質と衝突して光る超新星の多次元輻射流体力学シミュレーション ...Read more
2019.11.22 隕石中に小惑星の氷の痕跡を発見 ...Read more
2019.8.19 深層学習による宇宙物質地図復元 ...Read more
2019.8.15 明るい超新星の中心エンジンモデル ...Read more
2019.8.12 大質量星の重力崩壊直前における酸素殻燃焼の3次元シミュレーションに成功 ...Read more
Loading...