科学研究部は、理論と多波長観測、マルチメッセンジャー天文学といった、分野の垣根を超えた融合研究により、天文学の知の地平線を広げることを目指し、2019年に新たに設立されました。国立天文台のスーパーコンピュータや大型観測装置を活用して、個人の自由な発想に基づく研究を花開かせ、世界第一線の天文学研究を行うことを目標としています。現在、院生や研究員、スタッフを合わせて約60人程度の研究者が、理論、観測を問わず幅広い手法で、惑星系から宇宙論まで、様々な階層の天体を対象として、世界最先端の研究成果をあげています。

研究ハイライトResearch Highlights
Archives
2022.4.26 25個のホットジュピターの2次食観測データから大気の特性を探る―太陽系外惑星の大気の研究に新たな展開― ...Read more
2021.12.2 eQ受信機ファーストライト受信に成功 ...Read more
2021.8.23 超新星残骸において陽子起源ガンマ線の分離測定に初めて成功 ...Read more
2021.8.13 アルマ望遠鏡による超高速回転原始星ジェットの検出 ...Read more
2021.7.7 Planetesimal Dynamics in the Presence of a Giant Planet ...Read more
2021.6.29 ついに発見された理論上の超新星 -明らかになった恒星進化の分岐点- ...Read more
2021.5.17 超新星で探る宇宙膨張の歴史 ...Read more
2021.5.6 直角に折れ曲がるジェットが描き出す銀河団の磁場構造 ...Read more
Loading...