Language Switcher: English

アルマ望遠鏡で惑星誕生の現場をピンポイントで特定

articles

科学研究部の塚越崇特任助教らの研究グループは、若い星うみへび座TW星を取り巻く塵とガスの円盤(原始惑星系円盤)を観測し、円盤内で惑星が作られつつある強い証拠を発見しました。円盤内に、これまで発見されていなかった小さな電波源が存在することを明らかにしたのです。研究グループは、この電波源が (1) すでに形成されつつある海王星サイズの惑星を取り巻く「周惑星円盤」、(2)円盤内で生まれたガスの渦に溜まった塵で今後惑星になりうる構造、のいずれかだと考えています。どちらの場合も円盤内で惑星が成長していく重要な現場を見ていることになり、惑星形成の過程を理解する重要な観測成果です。

詳しくはアルマのプレスリリースをご覧ください.

(2019/6/26) 
Tsukagoshi et al., 2019, ApJL, Volume 878, Issue 1, article id. L8, 6 pp. [ADS]
塚越 崇 (researchmap personal page

タイトルとURLをコピーしました