Conferences

International Conferences

 
— 2021 —
[64] Evidence for Cosmic-Ray Acceleration in Young Supernova Remnants
Sano, H.
RIKEN r-EMU seminar (Teleconference) 
May, 6, 2021 (Oral Presentation) → invited
 
[63] Studies of Gamma-ray Emission from Molecular and Atomic Clouds with CTA
Sano, H. and Y. Fukui
COSPAR 2021: 43rd COSPAR Scientific Assembly (Teleconference) LinkIcon
January 28 - February 4, 2021 (Oral Presentation) → invited 
 
[62] ALMA CO Observations of the Gamma-Ray Supernova Remnant RX J1713.7-3946: Discovery of Shocked Molecular Cloudlets and Filaments at 0.01 pc scales
Sano, H., T. Inoue, K. Tokuda, T. Tanaka, R. Yamazaki, S. Inutsuka, F. Aharonian, G. Rowell, M. Filipovic , Y. Yamane, S. Yoshiike, N. Maxted, H. Uchida, T. Hayakawa, K. Tachihara, Y. Uchiyama, Y. Fukui
ALMA/45m/ASTE Users Meeting 2020 (Teleconference) LinkIcon
January 5-7, 2021 (Poster Presentation) 
 
— 2020 —
[61] An ALMA View of Molecular Cloudlets/Filaments in the Supernova Remnant RX J1713.7-3946
Sano, H., T. Inoue, K. Tokuda, T. Tanaka, R. Yamazaki, S. Inutsuka, F. Aharonian, G. Rowell, M. Filipovic , Y. Yamane, S. Yoshiike, N. Maxted, H. Uchida, T. Hayakawa, K. Tachihara, Y. Uchiyama, Y. Fukui
NAOJ Division of Science & CfCA workshop 2020 (Teleconference)
December 14-15, 2020 (Oral Presentation) 
 
[60] ALMA CO Observations of Supernova Remnants in the Local Group Galaxies
Sano, H.
Molecular gas observations toward the Local Group and the outer Milky Way LinkIcon
Nagoya University, Japan January 16-17, 2020 (Oral Presentation, SOC)
  
— 2019 —
[59] ALMA CO Observations of Supernova Remnant N63A in the Large Magellanic Cloud: Discovery of Dense Molecular Clouds Embedded within Shock-ionized and Photoionized Nebulae
Sano, H., Matsumura, H., Yamane, Y., Tokuda, K., Filipovic, M. D., Rowell, G., Sasaki, M., Tachihara, K., and Fukui, Y.
ALMA/45m/ASTE Users Meeting 2019 LinkIcon
NAOJ, Japan December 18-19, 2019 (Poster Presentation)
 
[58] Shock-Cloud Interaction in Supernova Remnants
Sano, H.
OUTAP Colloquium LinkIcon
Osaka University, Japan December 11, 2019 (Oral Presentation) → invited
 
[57] ALMA and Chandra Studies of the Supernova Remnant N63A in the Large Magellanic Cloud
Sano, H., Matsumura, H., Yamane, Y., Tokuda, K., Filipovic, M. D., Rowell, G., Sasaki, M., Plucinsky, P. P., Tachihara, K., and Fukui, Y.
20 Years of Chandra Science Symposium LinkIcon
Boston, USA December 3-6, 2019 (Poster Presentation)
 
[56] Interstellar gas associated with the Galactic and Magellanic SNRs
Sano, H.
Collaborative Meeting on Supernova Remnants between Japan and USA LinkIcon
Kyoto, Japan November 12, 2019 (Oral Presentation) → invited
 
[55] ALMA CO Observations toward the Magellanic SNRs and Superbubble
Sano, H., Yamane, Y., Matsumura, H., Tokuda, K., Miroslav, F., Rowell, G., Sasaki, M., Tachihara, K., Fukui, Y.
ALMA2019: Science Results and Cross-Facility Synergies LinkIcon
Cagliari, Italia October 14-18, 2019 (Poster Presentation)
 
[54] Interstellar gas associated with supernova remnants
Sano, H.
next generation VLA workshop LinkIcon
NAOJ, Japan September 17-20 2019 (Oral Presentation)
 
[53] ALMA view of the molecular clouds associated with the Magellanic SNRs
Sano, H., Yamane, Y., Matsumura, H., Tokuda, K., Miroslav, F. F., Rowell, G., Sasaki, M., Tachihara, K., Fukui, Y.
Supernova Remnants II: An Odyssey in Space after Stellar death LinkIcon
Minoa Palace Resort & Spa, Greece June 3-8 2019 (Poster Presentation)
 
[52] Shock-cloud interactions in young gamma-ray supernova remnants: Evidence for cosmic-ray acceleration
Sano, H. and Fukui, Y.
Supernova Remnants II: An Odyssey in Space after Stellar death LinkIcon
Minoa Palace Resort & Spa, Greece June 3-8 2019 (Poster Presentation)
 
[51] ALMA CO observations toward gamma-ray supernova remnants
Sano, H.
Cherenkov Telescope Array Australia: Consortium Workshop 8 LinkIcon
The University of Sydney, Australia April 23-24 2019 (Oral Presentation) → invited
 
[50] ALMA CO studies in the Magellanic supernova remnants
Sano, H.
Star formation with ALMA: Evolution from molecular clouds to protostars LinkIcon
Nagoya University, Japan March 4-6 2019 (SOC; Oral Presentation)
 
— 2018 —
[49] CO studies of Galactic / Magellanic Gamma-ray SNRs using ALMA
Sano, H.
Cherenkov Telescope Array Australia: Consortium Workshop 7 LinkIcon
The University of Adelaide, Australia December 4-6 2018 (Oral Presentation)
 
[48] Revealing Filamentary CO Structures toward the Gamma-ray Supernova Remnant RX J1713.7-3946
Sano, H., Yamane, Y., Inoue, T., Inutsuka, S.-i., Tachihara, K., Fukui, Y.
Interstellar filament paradigm: On their formation, evolution, and role in star formation LinkIcon
Nagoya University, Japan November 5-9 2018 (Poster Presentation)
 
[47] ALMA CO Observations toward the Gamma-ray Supernova Remnants
Sano, H.
SNR Workshop 2018 LinkIcon
Nagoya University, Japan October 9-10 2018 (SOC, Oral Presentation)
 
[46] Cloud-Cloud Collision in the Small Magellanic Cloud and the Antennae Galaxies
Sano, H., Tsuge, K., Yamamoto, H., Inoue, T., Tachihara, K., Tokuda, K., Bekki, K., Fukui, Y.
CCC mini workshop
Nagoya University, Japan September 12 2018 (SOC, Oral Presentation)
 
[45] Interstellar gas associated with SNRs: Evidence for cosmic-ray acceleration
Sano, H.
SNR mini workshop
CfA, Boston, August 2-3 2018 (Oral Presentation)
 
[44] Massive cluster formation triggered by tidally-driven colliding HI flows
Sano, H., K. Tsuge, K. Tachihara & Y. Fukui
Gas accretion onto galaxies II LinkIcon
The University of Sydney, Australia, July 30 2018 (Oral Presentation)
 
[43] Shock-Cloud Interaction in the Young Supernova Remnants
Sano, H. and Fukui, Y.
4th CRISM conference: Cosmic Rays and the InterStellar Medium LinkIcon
Grenoble-Alpes University, Grenoble, France, June 25-29 2018 (Oral Presentation)
 
[42] A star-forming dense cloud core embedded within the brightest gamma-ray SNR RX J1713.7-3946
Sano, H. and Fukui, Y.
Cosmic Rays: the salt of the star formation recipe LinkIcon
Galileo Galilei Institute for Theoretical Physics, Florence, Italia, May 2-4 2018 (Poster Presentation)
 
[41] Interstellar gas associated with the Galactic and Magellanic supernova remnants
Sano, H.
Cherenkov Telescope Array Australia: Consortium Workshop 6 LinkIcon
Monash University, Melbourne, Australia, April 5-6 2018 (Oral Presentation) → invited
 
[40] Shock-cloud interaction in the Galactic/Magellanic supernova remnants: Evidence for cosmic-ray acceleration
Sano, H.
Interstellar Medium in the Nearby Universe 2018 LinkIcon
Bamberg, Germany, March 26-28, 2018 (Oral Presentation)
 
— 2017 —
[39] Shock-cloud interaction in the young supernova remnants
Sano, H.
ISAS Astrophysics Colloquia
JAXA/ISAS, Fuchinobe, Japan, December 28, 2017 (Oral Presentation) → invited
 
[38] CO Survey toward the Magellanic Supernova Remnants
Sano, H., Yamane, Y., Nagaya, T., Fujii, K., Yoshiike, S., Tachihara, K., and Fukui, Y.,
2017 ALMA/45m/ASTE Users Meeting
NAOJ, Mitaka, Japan, December 26-27, 2017 (Poster Presentation)
 
[37] Interstellar Gas toward Young Gamma-Ray SNRs
Sano, H.
CTA Japan workshop 2017, The extreme Universe viewed in very-high-energy gamma-rays 2017
University of Tokyo, Kashiwa, December 18, 2017 (Oral Presentation)
 
[36] Studies of TeV gamma-ray SNRs associated with the interstellar gas
Sano, H.
Cherenkov Telescope Array Australia: Consortium Workshop 5
UNSW Canberra, ADFA, November 27-28, 2017 (Oral Presentation) → invited
 
[35] Young supernova remnants associated with the interstellar gas; pursuit of the origin of cosmic-rays
Sano, H.
Theories of Astrophysical Big Bangs
RIKEN, Wako, Japan, November 17, 2017 (Oral Presentation) → invited
 
[34] Shock-Cloud Interaction in the Galactic and Magellanic Supernova Remnants
Sano, H.
SNR Workshop 2017 LinkIcon
Nagoya University, Nagoya, Japan, September 28–29, 2017 (SOC, Oral Presentation)
 
[33] Cloud-Cloud Collision in the HII region RCW 36: Evidence for a high-mass star cluster formation
Sano, H., Enokiya, R., Hayashi, K., and Fukui, Y.
IAU Symposium 336, Astrophysical Masers, unlocking the mysteries of the universe
Cagliari, Italy, September 4-8, 2017 (Poster Presentation)
 
[32] ASTE CO observations toward the SNRs and HII regions
Sano, H.
NRO45m/ASTE Single Dish Science Workshop 2017
Nobeyama, Japan, August 1-2, 2017 (Oral Presentation) → invited
 
[31] Shock-cloud interaction in the Galactic/Magellanic Supernova remnants
Sano, H. and NANTEN team
Cherenkov Telescope Array Australia: Consortium Workshop 4
Western Sydney University, Penrith Observatory, April 10-11, 2017 (Oral Presentation) → invited
 
— 2016 — 
[30] Pursuit of the Origin of Cosmic Rays
Sano, H.
Seminar, The University of Tokyo, Japan, November 11, 2016 (Oral Presentation) → invited
 
[29] Nanten2/Nobeyama CO Surveys
Sano, H. and NANTEN/FUGIN teams
Cherenkov Telescope Array Australia: Multiwavelength Linkages Workshop 1
University of Adelaide, Australia, September 19, 2016 (Oral Presentation) → invited
 
[28] Interstellar Gas in the Magellanic SNRs
Sano, H. Fujii, K., Yamane, Y., Yoshiike, S., Fukuda, T., Voisin, F., Rowell, G., Fukui, Y.
The 6th International Symposium on High-Energy Gamma-Ray Astronomy (Gamma2016)
Kongresshaus Stadthalle Heidelberg, Heidelberg, Germany, July 11-15, 2016 (Poster Presentation)
 
[27] Nanten2/Nobeyama CO Surveys
Sano, H. and NANTEN/FUGIN teams
CTA Consortium Meeting Kashiwa
Kashiwanoha Conference Center, Kashiwa, Japan, May 16-20, 2016 (Oral Presentation)
 
[26] Detailed studies of shock-cloud interaction toward the young supernova remnants
Sano, H. and Fukui, Y.
XMM-NEWTON 2016 SCIENCE WORKSHOP (XMM-Newton: The Next Decade)
ESAC, Madrid, Spain, May 9-11, 2016 (Oral Presentation)
 
[25] Shock-cloud interaction toward the Magellanic SNRs
Sano, H. and NANTEN team
Cherenkov Telescope Array Australia: Consortium Workshop 3
University of Adelaide, Australia, April 14-15, 2016 (Oral Presentation)
 
[24] A multi-messenger search for the origin of cosmic-rays
Sano, H. and NANTEN team
The extreme Universe viewed in very-high-energy gamma-rays 2015
ICRR, University of Tokyo, Japan, January 13-14, 2016 (Oral Presentation)
 
— 2015 — 
[23] Cloud-cloud collisions: a promising mechanism to trigger formation of high mass stars
Sano, H., Fukui, Y., Torii, K., Ohama, A., Hasegawa, K., Hattori, Y., Yamamoto, H., Tachihara, K., Mizuno, A., Onishi, T., Kawamura, A., Mizuno, N., Kuwahara, A., Mizuno A., and NANTEN2 consortium
Mopra workshop 2015
University of New South Wales, Australia, December 10-11, 2015 (Oral Presentation)
 
[22] Interstellar Gas and High Energy Radiation toward the Magellanic SNR N132D
Sano, H., Fukui, Y., Yoshiike, S., Fukuda, T., Tachihara, K., Fujii, K., Mizuno, N.
ALMA/45m/ASTE/Mopra Users Meeting 2015
NAOJ, Mitaka, Japan, October 20-22, 2015 (Poster Presentation)
 
[21] Shock-Cloud Interaction toward Young Supernova Remnants & Superbubble
Sano, H. and NANTEN team
SNR Workshop 2015 LinkIcon
Nagoya University, Nagoya, Japan, June 18–19, 2015 (SOC, Oral Presentation)
 
[20] Interstellar Protons toward Gamma-Ray Supernova Remnants
Sano, H. and NANTEN team
Nagoya Workshop on the Interstellar Hydrogen
Nadya Park, Nagoya, Japan, March 26–28, 2015 (Oral Presentation)
 
[19] CO/HI observations of TeV gamma-ray supernova remnants
Sano, H. and NANTEN team
The 2015 NANTEN2 Workshop
University of Western Sydney, Australia, 5–6 February, 2015 (Oral Presentation)
 
— 2014 — 
[18] Revealing the large-scale structures of interstellar gas associated with the magellanic SNR N132D
Sano, H., Fukui, Y., Yoshiike, S., Fukuda, T., Tachihara, K., Inutsuka, S.-i., Kawamura, A., Fujii, K., Mizuno, N., Inoue, T., Onishi, T., Acero, F., and Vink, J.
Revolution in Astronomy with ALMA - The 3rd Year -
Tokyo International Forum, Japan, 8–11 December, 2014 (Poster Presentation)
 
[17] A quality check of the AKARI mid-infrared all-sky diffuse maps
Sano, H., Amatsutsu, T., Kondo, T., Nakamichi, K., Yamagishi, M., Ishihara, D., Oyabu, S., Kaneda, H., Tachihara, K., and Y. Fukui
The UNIVERSE IN THE LIGHT OF AKARI and Synergy with future Large Space Telescopes
Oxford University, UK, 9-11 July, 2014 (Poster + Oral Presentation)
 
[16] Interstellar Gas and High Energy Radiation toward the Gamma-Ray SNRs
Sano, H., Fukui, Y., Yoshiike, S., Fukuda, T., Torii, K., Kuwahara, T., Hayakawa, T., Yamamoto, H., Tachihara, K., McClure-Griffiths, N. M., Rowell, G., Inoue, T., Yamazaki, R., Inutsuka, S-I., Tanaka, T., Kawamura, A., Mizuno, N., Onishi, T., Mizuno, A., and NANTEN Team
Workshop "Birth and death of high-mass stars: Lesson on newly explored phases of the interstellar medium”
Nagoya University, Japan, 8–11 January, 2014 (Oral Presentation)
 
— 2013 —
[15] High energy radiation and interstellar gas in the young γ-ray SNRs RX J1713.7−3946 and RX J0852.0−4622
Sano, H., Fukuda, T., Yoshiike, S., Tanaka, T., Uchiyama, Y., Inutsuka, S-I., Inoue, T. and Fukui, Y
The Fast and the Furious: Energetic Phenomena in Isolated Neutron Stars, Pulsar Wind Nebulae & Supernova Remnants
ESAC, Madrid, Spain, 22-24 May, 2013 (Poster Presentation)
 
[14] High Energy Radiation and Interstellar Gas in the Young SNRs RX J1713.7-3946 and RX J0852.0-4622
Sano, H., Fukui, Y., Sato, J., Yoshiike, S., Fukuda, T., Torii, K., Kuwahara, T.,, H., Hayakawa, McClure-Griffiths, N. M. Rowell, G., Tanaka, T., Matsumoto, H., Inoue, T., Yamazaki, R., Inutsuka, S-I., Uchiyama, Y., Kawamura, A., Yamamoto, H., Okuda, T., Mizuno, N., Nishimura, A., Onishi, T., Mizuno, A. and NANTEN Team
International Winter School on the Interstellar Medium and High-Energy Phenomena 2013
Ise-Shima, Mie, Japan, 3-8 March, 2013 (Poster + Oral Presentation)
 
— 2012 —
[13] Resolving magnetic field amplification in the ISM-SNR shock interaction; Overtaken molecular gas in the TeV γ-ray SNR RX J1713.7−3946
Sano, H., Fukui, Y. Onishi, T., Kawamura, A., Yamamoto, H., Okuda, T., Yoshiike, S., Fukuda, Y., Torii, K., Kuwahara, T., Hayakawa, T., Inoue, T., Inutsuka, S-I., Tanaka, T., Uchiyama, Y. and NANTEN Team
ALMA-J User's Meeting 2012
Mitaka, Japan, 20-22 November, 2012 (Poster Presentation)
 
[12] Molecular and atomic gas in the young TeV γ-ray SNRs RX J1713.7−3946 and RX J0852.0−4622
Sano, H., Fukui, Y., Sato, J., Yoshiike, S., Fukuda, T., Torii, K., Kuwahara, T.,, H., Hayakawa, McClure-Griffiths, N. M. Rowell, G., Inoue, T., Inutsuka, S., Kawamura, A., Yamamoto, H., Okuda, T., Mizuno, N., Nishimura, A., Onishi, T., Mizuno, A., Tanaka, T., Matsumoto, H., Uchiyama, Y., and NANTEN Team
Exploring the Non-thermal Universe with Gamma Rays
Barcelona, Spain, 6-9 November, 2012 (Poster Presentation)
 
[11] X-ray emission and interstellar gas toward the gamma-ray supernova remnant RX J1713.7-3946: Evidence for X-ray enhancement around molecular clumps
Sano, H., Sato, J., Torii, K., Horachi, H., Hayakawa, T., Tanaka, T., Matsumoto, H., Inoue, T., Inutsuka, S., Kawamura, A., Yamamoto, H., Okuda, T., Mizuno, N., Onishi, T., Mizuno, A., Fukui, Y.
The 5th International Symposium on High-Energy Gamma-Ray Astronomy (Gamma2012)
Heidelberg, Germany, 9-13 July, 2012 (Poster Presentation)
 
[10] A Detailed Study of the Molecular and Atomic Gas Toward the γ-ray SNR RX J1713.7-3946, Spatial TeV γ-ray and ISM Gas Correspondence
Sano, H., Fukui, Y., Sato, J., Torii, K., Horachi, H., Hayakawa, T., McClure-Griffiths, N. M. Rowell, G., Inoue, T., Inutsuka, S., Kawamura, A., Yamamoto, H., Okuda, T., Mizuno, N., Onishi, T., Mizuno, A., Ogawa, H.
Global COE Annual Meeting
Nagoya University, Japan, 29-30 March, 2012 (Poster Presentation)
 
[9] NANTEN2: the low frequency receivers and the CO survey
Sano, H., Fukui, Y., Yamamoto, H., Okuda, T., Hayakawa, T., Torii. K. and NANTEN team
The 2012 Nanten2 Workshop
UNSW, Australia, 20–21 February, 2012 (Oral Presentation)
 
— 2011 —
[8] A Detailed Study of the Molecular and Atomic Gas Toward the γ-ray SNR RX J1713.7-3946, Spatial TeV γ-ray and ISM Gas Correspondence
Sano, H., Fukui, Y., Sato, J., Torii, K., Horachi, H., Hayakawa, T., McClure-Griffiths, N. M. Rowell, G., Inoue, T., Inutsuka, S., Kawamura, A., Yamamoto, H., Okuda, T., Mizuno, N., Onishi, T., Mizuno, A., Ogawa, H.
Young Researcher's Retreat 2011
Seki Lodge, Kameyama-city Mie, Japan, 29-30 October, 2011 (Oral Presentation)
 
[7] Star Formation in the TeV Gamma-ray Supernova Remnant RX J1713.7-3946
Sano, H., Sato, J., Horachi, H., Moribe, N., Yamamoto, H., Hayakawa, T., Torii, K., Kawamura, A., Okuda, T., Mizuno, N., Onishi, T., Maezawa, H., Inoue, T., Inutsuka, S., Tanaka, T., Matsumoto, H., Mizuno, A., Ogawa, H., Stutzki, J., Bertoldi, F., Anderl, S., Bronfman, L., Koo, B. -C., Burton, M. G., Benz, A. O., Fukui, Y.
ALMA Users Meeting 2010
NAOJ Mitaka Campus, Japan, 13-14 January, 2011 (Poster Presentation)
 
— 2010 —
[6] Star Forming Dense Cloud Cores in the TeV γ-ray SNR RX J1713.7-3946
Sano, H., Sato, J., Horachi, H., Moribe, N., Yamamoto, H., Hayakawa, T., Torii, K., Kawamura, A., Okuda, T., Mizuno, N., Onishi, T., Maezawa, H., Inoue, T., Inutsuka, S., Tanaka, T., Matsumoto, H., Mizuno, A., Ogawa, H., Stutzki, J., Bertoldi, F., Anderl, S., Bronfman, L., Koo, B. -C., Burton, M. G., Benz, A. O., Fukui, Y.
ALMA-Subaru Workshop 2010
NAOJ Mitaka Campus, Japan, 29 September - 1 October, 2010 (Poster Presentation)
 
[5] Star Forming Dense Cloud Cores in the TeV γ-ray SNR RX J1713.7-3946
Sano, H., Sato, J., Horachi, H., Moribe, N., Yamamoto, H., Hayakawa, T., Torii, K., Kawamura, A., Okuda, T., Mizuno, N., Onishi, T., Maezawa, H., Inoue, T., Inutsuka, S., Tanaka, T., Matsumoto, H., Mizuno, A., Ogawa, H., Stutzki, J., Bertoldi, F., Anderl, S., Bronfman, L., Koo, B. -C., Burton, M. G., Benz, A. O., and Fukui, Y.
Astrophysics Summer School -The Gaseous Universe-
Oxford University, UK, 21-24 July, 2010 (Poster Presentation)
 
[4] Molecular clouds toward the TeV γ-ray supernova remnant RX J1713.7-3946
Sano, H., Horachi, H., Oishi, K., Moribe, N., Kawamura, A., Yamamoto, H., Okuda, T., Maezawa, H., Mizuno, A., Fukui, Y,, Ohnishi, T., Mizuno, Rowell, G., Tanaka, T.
Multi-Phase Interstellar Medium and Dynamics of Star Formation
Nagoya University, Japan, 28 February - 2 March, 2010 (Poster Presentation)
 
[3] Molecular clouds toward the TeV γ-ray supernova remnant RX J1713.7-3946
Sano, H., Sato, J., Horachi, H., Moribe, N., Kawamura, A., Yamamoto, H., Okuda, T., Maezawa, H., Mizuno, A., Fukui, Y,, Ohnishi, T., Mizuno, Rowell, G., Tanaka, T.
International Winter School on the Interstellar Medium 2010
Ise-Shima, Mie, Japan, 22-26 February, 2010 (Poster + Oral Presentation)
 
[2] Molecular clouds toward the TeV γ-ray supernova remnant RX J1713.7-3946
Sano, H., Sato, J., Horachi, H., Moribe, N., Kawamura, A., Yamamoto, H., Okuda, T., Maezawa, H., Mizuno, A., Fukui, Y,, Ohnishi, T., Mizuno, Rowell, G., Tanaka, T.
Exploring Supernova Remnants and Pulsar Wind Nebulae in X-rays: before and after ASTRO-H
ISAS/JAXA, Japan, 18-19 February, 2010 (Poster Presentation)
 
— 2009 —
[1] Molecular clouds toward the TeV γ-ray supernova remnant RX J1713.7-3946
Sano, H., Horachi, H., Oishi, K., Moribe, N., Kawamura, A., Yamamoto, H., Okuda, T., Maezawa, H., Mizuno, A., Fukui, Y,, Ohnishi, T., Mizuno, Rowell, G., Tanaka, T.
International School - Particle Acceleration in the Universe -
Nagoya University, Japan, 12-14 November, 2009 (Poster Presentation)


Domestic Conferences

 
— 2021 — 
[90] ALMA による超新星残骸 W49B の CO 観測: ガンマ線と過電離プラズマの起源の探究
佐野栄俊, 吉池智史, 山根悠望子, 立原研悟, 福井康雄, 林克洋, 榎谷玲依, 徳田一起, G. Rowell, M. Filipović
日本物理学会2021年秋季大会 (zoom 遠隔開催) LinkIcon, 2021年9月16日 (口頭講演)
 
[89] ALMA による超新星残骸 W49B の観測: 宇宙線加速と過電離プラズマの起源
佐野栄俊, 吉池智史, 山根悠望子, 立原研悟, 福井康雄, 林克洋, 榎谷玲依, 徳田一起, G. Rowell, M. Filipović
日本天文学会2021年秋季年会 (zoom 遠隔開催) LinkIcon, 2021年9月14日 (口頭講演)
 
[88] ALMA で探る渦巻銀河 M33 の巨大分子雲: 分子雲衝突による大質量星星団形成現場の発見
佐野栄俊
様々なスケールの衝突流による誘発的星形成 (zoom 遠隔開催) LinkIcon, 2021年7月7–9日 (口頭講演)
 
[87] 中性炭素輝線で探る低エネルギー宇宙線
佐野栄俊
低エネルギー宇宙線Workshop 2021 (zoom 遠隔開催) LinkIcon, 2021年3月24–25日 (SOC, 口頭講演)
 
[86] 電波干渉計で探るフィラメント状分子雲の形成機構
佐野栄俊, 徳田一起, 山根悠望子, 井上剛志, 犬塚修一郎, 立原研悟, 福井康雄
日本天文学会2021年春季年会 (zoom 遠隔開催) LinkIcon, 2021年3月19日 (口頭講演)
 
[85] ALMAによるガンマ線超新星残骸RX J1713.7-3946の観測
佐野栄俊, 井上剛志, 犬塚修一郎, 山根悠望子, 吉池智史, 早川貴敬, 立原研悟, 福井康雄, 徳田一起, 田中孝明, 内田裕之, 山崎了, 内山泰伸, F. Aharonian, G. Rowell, M. D. Filipovic, N. Maxted
日本天文学会2021年春季年会 (zoom 遠隔開催) LinkIcon, 2021年3月16日 (口頭+ポスター講演)
 
[84] 超新星残骸に付随する分子雲の[CI]観測
佐野栄俊
ALMA高周波バンドを用いた星形成研究を考える (zoom 遠隔開催) LinkIcon, 2021年3月2日 (口頭講演)
 
— 2020 — 
[83] ALMA 電波干渉計によるガンマ線超新星残骸 RX J1713.7–3946 北西部の観測
佐野栄俊井上剛志, 徳田一起, 田中孝明, 山崎了, 犬塚修一郎, F. Aharonian, G. Rowell, M. D. Filipovic , 山根悠望子, 吉池智史, N. Maxted, 内田裕之, 早川貴敬, 立原研悟, 内山泰伸, 福井康雄
高エネルギー宇宙物理学研究会2020 (zoom 遠隔開催) LinkIcon, 2020年12月14日, 17日 (口頭講演)
 
[82] 恒星風圧縮によるフィラメント状分子雲の形成
佐野栄俊
分子雲から原始星誕生までを追う~新時代の星形成モデル構築に向けて~ (zoom 遠隔開催) LinkIcon, 2020年12月1–3日 (口頭講演)
 
[81] ALMA 電波干渉計による銀河系内超新星残骸観測の新展開
佐野栄俊
超新星残骸リモート研究会2020 (zoom 遠隔開催) LinkIcon, 2020年10月20日 (SOC, 口頭講演)
 
[80] M33 における分子雲衝突と大質量星形成
佐野栄俊
分子雲衝突小研究会 2020 (zoom 遠隔開催), 2020年10月13 (口頭講演)
 
[79] ガンマ線超新星残骸における衝撃波-星間雲相互作用
佐野栄俊
岡研ゼミ コロキウム (zoom 遠隔開催), 2020年9月25 (口頭講演) → 招待講演
 
[78] ALMA による TeV ガンマ線超新星残骸 N132D の観測
佐野栄俊, 山根悠望子, 柘植紀節, 立原研悟, 福井康雄, 徳田一起, 馬場彩, P. P. Plucinsky, M. D. Filipovic, G. Rowell, F. Voisin, 他 N132D プロジェクトチーム
日本天文学会2020年秋季年会 (zoom 遠隔開催) LinkIcon, 2020年9月8-10日 (口頭講演)
 
[77] 超新星残骸周辺の星間雲探査で探るフィラメント状分子雲の形成/進化機構
佐野栄俊
ngVLA Science working group 2 会合 (zoom 遠隔開催) LinkIcon, 2020年9月1日 (口頭講演)
 
[76] FUGIN の成果を軸とした超新星残骸研究の新展開
佐野栄俊
FUGIN & COMING リモート研究会 (zoom 遠隔開催), 2020年7月7日 (口頭講演)
 
[75] 多波長解析で探る超新星残骸の素顔
佐野栄俊
青山学院大学 宇宙物理コロキウム (zoom 遠隔開催) LinkIcon, 2020年5月29日 (口頭講演) → 招待講演
 
[74] Shock-Cloud Interaction in Gamma-Ray Supernova Remnants: Evidence for Cosmic-Ray Acceleration
佐野栄俊
九州大学セミナー (zoom 遠隔開催), 2020年5月26日 (口頭講演) → 招待講演
 
[73] Shock-Cloud Interaction in Gamma-Ray Supernova Remnants: Evidence for Cosmic-Ray Acceleration
佐野栄俊
NAOJ Science Colloquium (zoom 遠隔開催)LinkIcon, 2020年5月20日 (口頭講演) → 招待講演
 
[72] ALMA CO Observations of a Giant Molecular Cloud in M33: Evidence for High-Mass Star Formation Triggered by Cloud-Cloud Collisions
佐野栄俊
大質量星形成ワークショップ2020 LinkIcon,下関市営国民宿舎 海峡ビュー下関, 2020年1月23-25日 (口頭講演)
 
— 2019 —
[71] 学際研究活動報告2: 古典文献で探る天文現象
佐野栄俊ほか
次世代若手研究者合同合宿 LinkIcon, 名古屋大学, 2019年10月29日 (口頭講演)
 
[70] 小マゼラン雲の超新星残骸 RX J0046.5-7308 に付随する分子雲の発見
佐野栄俊, 山根悠望子, 柘植紀節, 井上剛志, 犬塚修一郎, 立原研悟, 福井康雄, 松村英晃, 藤井浩介, 徳田一起, 他 RX J0046.5-7308 プロジェクトチーム
日本天文学会2019年秋季年会 LinkIcon, 熊本大学, 2019年9月11-13日 (口頭講演)
 
[69] ASTE CO survey of the Galactic/Magellanic supernova remnants
Sano, H.
ASTE研究会: Sub-mm Spectroscopy and Large Scale Science with ASTE LinkIcon, 国立天文台, 2019年8月19日 (口頭講演) → 招待講演
 
[68] 大マゼラン雲の超新星残骸 N63A に付随する分子雲と電離ガス
佐野栄俊, 長屋拓郎, 山根悠望子, 柘植紀節, 井上剛志, 犬塚修一郎, 立原研悟, 福井康雄, 松村英晃, 藤井浩介, 徳田一起, 他 N63A プロジェクトチーム
日本天文学会2019年春季年会 LinkIcon, 法政大学, 2019年3月14-17日 (口頭講演)
 
[67] ALMA で解き明かす超新星残骸の素顔
佐野栄俊
天文学講演会 南天にひろがれ宇宙ロマン25「星の爆発が宇宙をつくった」LinkIcon, 名古屋大学, 2019年2月9日 (口頭講演) → 招待講演
 
— 2018 —
[66] 星間物質の精査と多波長観測を軸とした超新星残骸の探究
佐野栄俊
宇宙電波懇談会シンポジウム2018「電波天文学の将来サイエンス」LinkIcon, 国立天文台, 2018年12月20-21日 (ポスター講演)
 
[65] 星間物質の精査による超新星残骸の探求
佐野栄俊
セミナー, 埼玉大学, 2018年10月15日 (口頭講演) → 招待講演
 
[64] 大マゼラン雲の Ia 型超新星残骸 N103B に付随する分子雲の発見
佐野栄俊, 山根悠望子, 長屋拓郎, 吉池智史, 柘植紀節, 立原研悟, 福井康雄, 藤井浩介, 水野範和, 河村晶子, 徳田一起, 大西利和
日本天文学会2018年秋季年会, 兵庫県立大学, 2018年9月19-21日 (口頭講演)
 
[63] 超新星残骸における宇宙線研究の到達点と展望: 電波天文学の立場から
佐野栄俊
2018年度 第48回 天文・天体物理夏の学校, ロワジールホテル豊橋, 2018年7月22-25日 (口頭講演) → 招待講演
 
[62] シェル型 TeV ガンマ線超新星残骸 HESS J1912+101 に付随する分子雲の発見
佐野栄俊, 吉池智史, 山根悠望子, 長屋拓郎, 西村淳, 山本宏昭, 田村陽一, 立原研悟, 福井康雄, 久野成夫, 鳥居和史, 南谷哲宏, 梅本智文, 瀬田益道, Nigel Maxted, Gavin Rowell, 他 FUGIN チーム
日本天文学会2018年春季年会, 千葉大学, 2018年3月14-17日 (口頭講演)
 
[61] 大マゼラン雲の超新星残骸に付随する分子雲の探査
佐野栄俊, 吉池智史, 山根悠望子, 長屋拓郎, 立原研悟, 福井康雄, 藤井浩介, 水野範和, 河村晶子, 徳田一起, 大西利和, Kevin Grieve, Miroslav Filipovic, Fabien Voisin, Gavin Rowell
日本天文学会2018年春季年会, 千葉大学, 2018年3月14-17日(ポスター講演)
 
[60] Shock-cloud interaction in the galactic SNRs: Evidence for cosmic-ray acceleration
佐野栄俊
FUGIN SCIENCE WORKSHOP, 名古屋大学, 2018年2月26-27日 (口頭講演)
 
[59] 超新星残骸と相互作用する星間ガスと粒子加速
佐野栄俊
「自然科学における階層と全体」シンポジウム, 名古屋ルーセントタワー, 名古屋, 2018年2月19-20日 (口頭講演) → 招待講演
 
[58] 銀河間潮汐相互作用が誘発する大質量星形成2: 近傍の衝突/相互作用銀河
佐野栄俊, 柘植紀節, 山本宏昭, 立原研悟, 井上剛志, 福井康雄, 徳田一起, 戸次賢治
初代星・初代銀河研究会2017, 広まちづくりセンター, 呉, 2018年2月10-12日 (口頭講演)
 
— 2017 —
[57] 分子雲衝突による大質量星星団 RCW 36 の形成
佐野栄俊, 榎谷玲依, 林克洋, 佐伯駿, 大河一貴, 柘植紀節, 堤大陸, 河野樹人, 服部有祐, 藤田真司, 吉池智史, 西村淳, 大濱晶生, 立原研悟, 福井康雄, 鳥居和史, 山岸光義
日本天文学会秋季年会, 北海道大学, 2017年9月11-13日 (口頭講演)
 
[56] 超新星残骸 RX J1713.7-3946 における衝撃波-星間ガス相互作用と宇宙線加速
佐野栄俊
理化学研究所セミナー, 理研, 2017年7月7日 (口頭講演) → 招待講演
 
[55] 超新星残骸 Kes79 に付随する星間ガス
佐野栄俊, 栗木美香ほか FUGIN チーム
FUGIN Workshop 2016, 野辺山電波観測所, 2017年3月28-29日 (口頭講演)
 
[54] 超新星残骸における宇宙線研究の到達点と展望:電波天文学の立場から
佐野栄俊
日本天文学会春季年会 企画セッション「超新星残骸の多波長観測と理論研究の展開」, 九州大学, 2017年3月15-18日 (基調講演) → 招待講演
 
[53] 星間物質の精査を軸にした超新星残骸の探究
佐野栄俊
宇宙電波懇談会シンポジウム2016, 国立天文台三鷹, 2017年2月22-23日 (口頭講演)  → 招待講演
 
[52] FUGIN CO サーベイを軸にした、超新星残骸における宇宙線加速機構の探求
佐野栄俊 ほか FUGIN SNR チーム
ワークショップ:銀河系内CO広域サーベイ計画の現状とALMAへの展望, 国立天文台野辺山電波観測所, 2017年1月19日 (口頭講演)
 
— 2016 —
[51] 大質量星の誕生と最期の現場を探る
佐野栄俊
YLC セミナー, 名古屋大学, 2016年12月6日 (口頭講演)
 
[50] 超新星残骸 RX J1713.7−3946 における衝撃波−星間ガス相互作用
佐野栄俊 ほか NANTEN チーム
SNR workshop 2016 winter LinkIcon, 名古屋大学, 2016年11月21-22日 (SOC, 口頭講演)
 
[49] 銀河間潮汐相互作用による大質量星星団 R136 の形成
佐野栄俊, 柘植紀節, 山本宏昭, 立原研悟, 福井康雄, 井上剛志, 戸次賢治, 千葉柾司
初代星・初代銀河研究会 2016, 金沢歌劇座, 2016年10月25-27日 (口頭講演)
 
[48] 海外研究機関での在外研究を通して得られたもの
佐野栄俊
連携型博士研究人材総合育成システムシンポジウム2016, 名古屋大学, 2016年10月20日 (口頭講演)
 
[47] 超新星残骸 RCW 86 における TeV ガンマ線の起源
佐野栄俊, 吉池智史, 福田達也, 稲葉哲大, 山根悠望子, 山本宏昭, 立原研悟, 福井康雄, Estela M. Reynoso, Ira Jung-Richardt, Gavin Rowell
日本天文学会秋季年会, 愛媛大学, 2016年9月14-16日 (口頭講演)
 
[46] スーパーバブル 30 Doradus C に付随する星間ガスの観測的研究
佐野栄俊, 山根悠望子, 藤井浩介, 吉池智史, 稲葉哲大, 柘植紀節, 馬場崎康敬, 三石郁之, R. Yang, F. Aharonian, F. Voisin, G. Rowell, 水野範和, 立原研悟, 河村晶子, 大西利和, 福井康雄
SNR Workshop 2016 LinkIcon, 名古屋大学, 2016年8月22日 (SOC, 口頭講演)
 
[45] 超新星残骸 RCW 86 における衝撃波相互作用と宇宙線加速
佐野栄俊, 中村公紀, 古川尚子, K. Mruganka, 福田達哉, 吉池智史, 西村淳, 大浜晶生, 鳥居和史, 桑原利尚, 奥田武志, 山本宏昭, 立原研悟, 三石郁之, E. M. Reynoso, 福井康雄, G. Rowell, I. Jung-Richardt
SNR Workshop 2016 LinkIcon, 名古屋大学, 2016年8月22日 (SOC, 口頭講演)
 
[44] 巨大星の最期
佐野栄俊
第25回公開セミナー「天文学の最前線」”目ではみえない宇宙の姿", 名古屋市科学館, 2016年8月3日 (一般向け口頭講演)
 
— 2015 —
[43] 多波長観測で探る宇宙線の起源:超新星残骸における星間ガスと高エネルギー放射の比較研究
佐野栄俊, 吉池智史, 福田達哉, 福井康雄, 久野成夫, 瀬田益道, 栗木美香
FUGIN (FOREST Ultra-Wide Galactic plane survey In Nobeyama) Workshop, 国立天文台 (三鷹), 2015年11月2日 (口頭講演)
 
[42] 多波長観測で探る宇宙線の起源
佐野栄俊
連携型博士研究人材総合育成システムシンポジウム2015, 東北大学, 2015年10月7-8日 (口頭講演)
 
[41] 超新星残骸 N132D における星間ガスと高エネルギー放射
佐野栄俊, 藤井浩介, 福田達哉, 吉池智史, 山本宏昭, 立原研悟, 福井康雄, 水野範和, 他 NANTEN チーム
日本物理学会秋季大会, 大阪市立大学, 2015年9月25-28日 (口頭講演)
 
[40] スーパーバブル 30 Doradus C における星間ガスと高エネルギー放射
佐野栄俊, 伊藤万記生, 吉池智史, 福田達哉, 丸山将平, 馬場崎康敬, 三石郁之, 立原研悟, 犬塚修一郎, 福井康雄, 藤井浩介, 水野範和, 河村晶子, 井上剛志, 大西利和, 馬場彩, Miroslav Filipovic, Gavin Rowell, Felix Aharonian
日本天文学会秋季年会, 甲南大学, 2015年9月9-11日 (口頭+ポスター講演)
 
[39] CTA で探る宇宙線の起源:RX J1713.7-3946 のガンマ線シミュレーション
佐野栄俊, 福井康雄, 田島宏康, 奥村曉, 中森健之, 郡司修一, 片桐秀明, 柳田昭平, 吉田龍生, 山崎了, 大平豊, 馬場彩, 澤田真理, 森浩二, 李兆衡, 藤田裕, 井上剛志, 花畑義隆, 林田将明, 吉越貴紀, 窪秀利, 斎藤隆之, 田中孝明, 櫛田淳子, 井上進, 井岡邦仁, 郡和範, 村瀬孔大, 長瀧重博, 内藤統也, 寺田幸功, 内山泰伸, Stefano Gabici
日本天文学会秋季年会, 甲南大学, 2015年9月9-11日 (口頭講演)
 
[38] 宇宙線の起源を探る 〜星の一生と、超新星残骸に魅せられて〜
佐野栄俊
福井教室 , 名古屋大学, 2015年4月4日 (一般向け口頭講演)
 
[37] ガンマ線超新星残骸 RCW 86 における星間ガスと高エネルギー放射
佐野栄俊, 福田達哉, 吉池智史, 山本宏昭, 立原研悟, 福井康雄, 他 NANTEN チーム
日本物理学会 第70回年次大会 , 早稲田大学, 2015年3月21-24日 (口頭講演)
 
[36] Mopra / ASTE による超新星残骸 N132D の観測
佐野栄俊, 福田達哉, 吉池智史, 山本宏昭, 立原研悟, 福井康雄, 藤井浩介, 水野範和, 他 NANTEN チーム
日本天文学会春季年会, 大阪大学, 2015年3月18-21日 (口頭講演)
 
— 2014 —
[35] 超新星残骸 RCW 86 における星間ガスと X 線放射
佐野栄俊, 福田達哉, 吉池智史, 桑原利尚, 鳥居和史, 山本宏昭, 早川貴敬, 立原研悟, 福井康雄, 大西利和, Gloria Dubner, 他NANTEN チーム
日本天文学会秋季年会, 山形大学, 2014年9月11-13日 (口頭講演)
 
[34] 野辺山 45-m 鏡を用いた超新星残骸 Cassiopeia A の CO 観測
佐野栄俊, 伊藤万記生, 福田達哉, 吉池智史, 服部有祐, 榎谷玲依, 長谷川敬亮, 臼井僚, 服部桃, 立原研悟, 福井康雄
第32回 NROユーザーズミーティング, 国立天文台野辺山宇宙電波観測所, 2014年7月23-24日 (ポスター)
 
[33] 宇宙線研究の到達点と展望: 電波天文学の立場から
佐野栄俊, 福井康雄
CRC タウンミーティング 2014 (第1回) , 名古屋大学, 2014年7月12-13日 (口頭講演) → 招待講演
 
[32] RXJ1713.7-3946における宇宙線加速と衝撃波相互作用
佐野栄俊, 福田達哉, 吉池智史, 桑原利尚, 鳥居和史, 早川貴敬, 山本宏昭, 立原研悟, 田中孝明, 松本浩典, 井上剛志, 山崎了, 犬塚修一郎, 河村晶子, 水野範和, 大西利和, 西村淳, 水野亮, 福井康雄, 他NANTENチーム
SNR workshop , 名古屋大学, 2014年6月12日 (口頭講演)
 
[31] Mopra 電波望遠鏡によるガンマ線 SNR RX J1713.7-3946 の観測
佐野栄俊, 福田達哉, 吉池智史, 桑原利尚, 鳥居和史, 早川貴敬, 山本宏昭, 立原研悟, 田中孝明, 松本浩典, 井上剛志, 山崎了, 犬塚修一郎, 河村晶子, 水野範和, 大西利和, 西村淳, 水野亮, 福井康雄, 他NANTENチーム
日本物理学会 第69回年次大会 , 東海大学, 2014年3月27-30日 (口頭講演)
 
[30] Shock-cloud Interaction in Young Supernova Remnants; Evidence for Efficient Acceleration of Cosmic-rays
佐野栄俊, 福井康雄
長瀧天体ビッグバン研究室主催理研セミナー, 理化学研究所, 2014年3月26日 (口頭講演) → 招待講演
 
[29] Mopra 望遠鏡による超新星残骸 RX J1713.7-3946 の観測 (II)
佐野栄俊, 福田達哉, 吉池智史, 長谷川敬亮, 清水茂樹, 榎谷玲依, 桑原利尚, 鳥居和史, 早川貴敬, 山本宏昭, 立原研悟, 犬塚修一郎, 福井康雄, 田中孝明, 松本浩典, 内山泰伸, 井上剛志, 山崎了, 河村晶子, 藤井浩介, 水野範和, 水野亮, 西村淳, 大西利和, 他NANTENチーム.
日本天文学会春季年会, 国際基督教大学, 2014年3月19-22日 (口頭講演)
 
— 2013 —
[28] 超新星残骸 RX J0852.0-4622 における星間ガスとX線放射 II
佐野栄俊, 福田達哉, 吉池智史, 佐藤淳基, 桑原利尚, 鳥居和史, 早川貴敬, 山本宏昭, 立原研悟, 田中孝明, 松本浩典, 井上剛志, 山崎了, 犬塚修一郎, 河村晶子, 水野範和, 大西利和, 西村淳, 水野亮, 内山泰伸, 福井康雄, 他NANTENチーム.
日本物理学会 2013年秋季大会 , 高知大学, 2013年9月20-23日 (口頭講演)
 
[27] Mopra 望遠鏡による超新星残骸 RX J1713.7-3946 の観測
佐野栄俊, 福田達哉, 吉池智史, 長谷川敬亮, 清水茂樹, 榎谷玲依, 桑原利尚, 鳥居和史, 早川貴敬, 山本宏昭, 立原研悟, 犬塚修一郎, 福井康雄, 田中孝明, 松本浩典, 内山泰伸, 井上剛志, 山崎了, 河村晶子, 水野範和, 水野亮, 西村淳, 大西利和, 他NANTENチーム.
日本天文学会秋季年会, 東北大学, 2013年9月22-24日 (口頭講演)
 
[26] Mopra望遠鏡を用いたガンマ線超新星残骸の観測
佐野栄俊, 福田達也, 吉池智史, 桑原利尚, 鳥居和史, 早川貴敬, 山本宏昭, 立原研悟, 犬塚修一郎, 松本浩典, 田中孝明, 内山泰伸, 井上剛志, 山崎了, 河村晶子, 水野範和, 水野亮, 西村淳, 大西利和, 福井康雄, 他 NANTEN チーム
第31回 NROユーザーズミーティング, 野辺山, 2013年7月24-25日 (ポスター)
 
[25] NANTEN2とSuzaku衛星による若いTeVガンマ線SNRの研究
佐野栄俊, 福田達哉, 吉池智史, 鳥居和史, 早川貴敬, 山本宏昭, 立原研悟, 犬塚修一郎, 福井康雄, 田中孝明, 松本浩典, 内山泰伸, 井上剛志, 山崎了, 河村晶子, 水野範和, 水野亮, 西村淳, 大西利和, 他NANTENチーム.
特別推進研究研究会・宇宙線研究所共同利用研究会「高エネルギーガンマ線でみる極限宇宙2013」東京大学宇宙線研, 2013年9月4-5日 (口頭講演)
 
[24] 若いTeVガンマ線超新星残骸における星間ガスと宇宙線加速
佐野栄俊, 福田達哉, 吉池智史, 佐藤淳基, 鳥居和史, 桑原利尚, 早川貴敬, 田中孝明, 松本浩典, 井上剛志, 山崎了, 犬塚修一郎, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 水野範和, 大西利和, 西村淳, 水野亮F, 内山泰伸, 福井康雄, 他NANTENチーム.
日本物理学会 第68回年次大会 , 広島大学, 2013年3月26-29日 (口頭講演)
 
[23] 若いTeVガンマ線超新星残骸における星間ガスとX線放射
佐野栄俊, 佐藤淳基, 福田達哉, 吉池智史, 鳥居和史, 桑原利尚, 早川貴敬, 山本宏昭, 奥田武志, 犬塚修一郎, 福井康雄, 田中孝明, 松本浩典, 内山泰伸, 井上剛志, 山崎了, 河村晶子, 水野範和, 水野亮, 西村淳, 大西利和.
日本天文学会春季年会, 埼玉大学, 2013年3月20-23日 (口頭講演)
 
— 2012 —
[22] RX J1713.7-3946 と RX J0852.0-4622 における星間ガスとX・TeVガンマ線放射
佐野栄俊, 佐藤淳基, 福田達哉, 吉池智史, 鳥居和史, 早川貴敬, 山本宏昭, 奥田武志, 犬塚修一郎, 福井康雄, 田中孝明, 松本浩典, 内山泰伸, 井上剛志, 河村晶子, 水野範和, 水野亮, 西村淳, 大西利和, 他NANTENチーム.
SNR Workshop, 名古屋大学, 2012年11月16日 (口頭講演)
 
[21] 若いTeVガンマ線超新星残骸における星間ガスと高エネルギー放射
佐野栄俊, 佐藤淳基, 福田達哉, 吉池智史, 鳥居和史, 早川貴敬, 山本宏昭, 奥田武志, 犬塚修一郎, 福井康雄, 田中孝明, 松本浩典, 内山泰伸, 井上剛志, 河村晶子, 水野範和, 水野亮, 西村淳, 大西利和, 他NANTENチーム.
超新星と超新星残骸の融合研究会 -恒星進化・爆発メカニズムと元素合成-, 国立天文台, 2012年10月15-17日 (口頭講演)
 
[20] 若いTeVガンマ線超新星残骸における星間ガスとガンマ線・X線放射
佐野栄俊, 佐藤淳基, 福田達哉, 吉池智史, 鳥居和史, 早川貴敬, 山本宏昭, 奥田武志, 犬塚修一郎, 福井康雄, 田中孝明, 松本浩典, 内山泰伸, 井上剛志, 河村晶子, 水野範和, 水野亮, 西村淳, 大西利和, 他NANTENチーム.
特別推進研究研究会・宇宙線研究所共同利用研究会「高エネルギーガンマ線でみる極限宇宙2012」東京大学宇宙線研,2012年9月3-4日 (口頭講演)
 
[19] 超新星残骸 RX J0852.0-4622 における星間ガスとX線放射
佐野栄俊, 佐藤淳基, 福田達哉, 吉池智史, 鳥居和史, 早川貴敬, 山本宏昭, 奥田武志, 犬塚修一郎, 福井康雄, 田中孝明, 松本浩典, 内山泰伸, 井上剛志, 河村晶子, 水野範和, 水野亮, 西村淳, 大西利和, 他NANTENチーム.
日本天文学会秋季年会, 大分大学, 2012年9月19-21日 (口頭講演)
 
[18] 超新星残骸 RX J0852.0-4622 と相互作用する分子雲とX線放射
佐野栄俊, 佐藤淳基, 鳥居和史, 福田達哉, 早川貴敬, 田中孝明, 松本浩典, 井上剛志, 犬塚修一郎, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 水野範和, 大西利和, 西村淳, 水野亮, 福井康雄, 吉池智史, 内山泰伸, 他NANTENチーム.
日本物理学会 2012年秋季大会, 京都産業大学, 2012年9月11-14日 (口頭講演)
 
[17] 超新星残骸 RXJ1713.7–3946 における高エネルギー放射と星間陽子
佐野栄俊, 福井康雄, 佐藤淳基, 洞地博隆, 早川貴敬, 鳥居和史, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 犬塚修一郎, 水野亮, 小川英夫, 大西利和, 水野範和, 井上剛志, Naomi M. McClure-Griffiths, Gavin Rowell, 田中孝明.
Colloquium, 京都大学, 2012年6月13日 (口頭講演) → 招待講演
 
[16] RX J1713.7-3946 におけ星間ガスとエックス・ガンマ線放射
佐野栄俊, 福井康雄, 佐藤淳基, 洞地博隆, 早川貴敬, 鳥居和史, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 犬塚修一郎, 水野亮, 小川英夫, 大西利和, 水野範和, 井上剛志, Naomi M. McClure-Griffiths, Gavin Rowell, 田中孝明.
SNR workshop, 青山学院大学, 2012年5月24日 (口頭講演)
 
[15] 超新星残骸 RX J1713.7−3946 における宇宙線加速機構の解明:分子雲クランプ周辺におけるX線の増光
佐野栄俊, 佐藤淳基, 鳥居和史, 洞地博隆, 早川貴敬, 山本宏昭, 奥田武志, 犬塚修一郎, 福井康雄, 田中孝明, 松本浩典, 井上剛志, 河村晶子, 水野範和, 水野亮, 大西利和
日本物理学会 第67回年次大会 , 関西学院大学, 2012年3月24-27日 (口頭講演)
 
[14] 超新星残骸 RX J1713.7–3946 における星間ガスとX線放射
佐野栄俊, 佐藤淳基, 鳥居和史, 早川貴敬, 山本宏昭, 奥田武志, 犬塚修一郎, 福井康雄, 田中孝明, 松本浩典, 井上剛志, 河村晶子, 水野範和, 水野亮, 大西利和
日本天文学会春季年会, 龍谷大学, 2012年3月19-22日 (口頭講演)
 
[13] 超新星残骸 RX J1713.7-3946 における星間ガスと高エネルギー放射
佐野栄俊, 福井康雄, 佐藤淳基, 洞地博隆, 早川貴敬, 鳥居和史, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 犬塚修一郎, 水野亮, 小川英夫, 大西利和, 水野範和, 井上剛志, Naomi M. McClure-Griffiths, Gavin Rowell, 田中孝明.
研究会「超新星残骸」, 名古屋大学, 2012年1月13日 (口頭講演)
 
— 2011 —
[12] 超新星残骸 RX J1713.7-3946 における TeV ガンマ線放射と星間陽子 II
佐野栄俊, 福井康雄, 佐藤淳基, 洞地博隆, 早川貴敬, 鳥居和史, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 犬塚修一郎, 水野亮, 小川英夫, 大西利和, 水野範和, 井上剛志, Naomi M. McClure-Griffiths, Felix. Aharonian, Gavin Rowell.
日本天文学会秋季年会, 鹿児島大学, 2011年9月19-22日 (口頭講演)
 
[11] 超新星残骸 RX J1713.7-3946 における宇宙線加速機構の解明:TeVガンマ線と星間陽子の相関
佐野栄俊, 福井康雄, 佐藤淳基, 洞地博隆, 早川貴敬, 鳥居和史, N. M. McClure-Griffiths, G. Rowell, F. Aharonian, 井上剛志, 犬塚修一郎, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志,水野範和, 大西利和, 水野亮, 小川英夫.
日本物理学会 2011年秋季大会, 弘前大学, 2011年9月16-19日 (口頭講演)
 
[10] TeV ガンマ線超新星残骸 RX J1713.7-3946 における星間陽子
佐野栄俊, 福井康雄, 佐藤淳基, 洞地博隆, 早川貴敬, 鳥居和史, N. M. McClure-Griffiths, G. Rowell, 井上剛志, 犬塚修一郎, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 水野範和, 大西利和, 水野亮, 小川英夫.
第11回高宇連研究会「多波長で探る高エネルギー現象」, 早稲田大学, 2011年8月9-11日 (口頭講演)
 
[9] TeV ガンマ線超新星残骸 RXJ1713.7-3946 における星間ガスと高エネルギー放射
佐野栄俊, 福井康雄, 佐藤淳基, 洞地博隆, 早川貴敬, 鳥居和史, McClure-Griffiths, N. M., Rowell, G., 井上剛志, 犬塚修一郎, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 水野範和, 大西利和, 水野亮, 小川英夫
第29回 NROユーザーズミーティング, 野辺山, 2011年7月27-28日 (ポスター)
 
[8] 超新星残骸 RX J1713.7-3946 における TeV ガンマ線放射と星間陽子
佐野栄俊, 佐藤淳基, 森部那由多, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 福井康雄, 前澤裕之, 水野亮, 大西利和, 水野範和, 田中孝明, Felix Aharonian, Gavin Rowell, Naomi McClure-Griffiths.
日本天文学会春季年会予稿集 (開催中止), 筑波大学, 2011年3月16-19日 (口頭講演)
 
— 2010 —
[7] RX J1713 における分子雲とガンマ線・X線放射の比較
佐野栄俊, 佐藤淳基, 森部那由多, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 福井康雄, 前澤裕之, 水野亮, 大西利和, 水野範和, 田中孝明, Felix Aharonian, Gavin Rowell, Naomi McClure-Griffiths.
分子雲と高エネルギー放射:銀河系中心とジェット現象, 名古屋大学, 2010年11月19日 (口頭講演)
 
[6] 超新星残骸 RX J1713.7-3946 における星形成
佐野栄俊, 佐藤淳基, 洞地博隆, 森部那由多, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 福井康雄, 前澤裕之, 水野亮, 大西利和, 水野範和, 田中孝明, G. Rowell.
日本天文学会秋季年会, 金沢大学, 2010年9月22-24日 (口頭講演)
 
[5] TeV ガンマ線超新星残骸 RX J1713.7-3946 における星間陽子
佐野栄俊, 佐藤淳基, 洞地博隆, 大石慧介, 森部那由多, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 前澤裕之, 水野亮, 福井康雄, 大西利和, 水野範和, 田中孝明, G. Rowell.
粒子加速研究会, 名古屋大学, 2010年6月18日 (口頭講演)
 
[4] RX J1713.7-3946 の星形成と X 線解析
佐野栄俊, 佐藤淳基, 洞地博隆, 大石慧介, 森部那由多, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 前澤裕之, 水野亮, 福井康雄, 大西利和, 水野範和, 田中孝明, G. Rowell.
超新星残骸(SNRs)研究会, 名古屋大学, 2010年4月16日 (口頭講演)
 
[3] 超新星残骸 RX J1713の X 線と分子雲の詳細比較
佐野栄俊, 洞地博隆, 大石慧介, 森部那由多, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 前澤裕之, 水野亮, 福井康雄,大西利和, 水野範和, 田中孝明, G.Rowell.
日本天文学会春季年会, 広島大学, 2010年3月24-27日 (口頭講演)
 
[2] NANTEN2 サブミリ波望遠鏡による超新星残骸 RX J1713.7-3946 の観測
佐野栄俊, 洞地博隆, 佐藤淳基, 大石慧介, 森部那由多, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 前澤裕之, 水野亮, 福井康雄, 大西利和, 水野範和, G. Rowell, 田中孝明
高エネルギー宇宙物理学の最新成果と将来計画 LinkIcon, ISAS/JAXA, 2010年3月8-10日 (ポスター講演)
 
— 2009 —
[1] 超新星残骸 RX J1713.7-3946 に付随する分子雲
佐野栄俊, 洞地博隆, 大石慧介, 森部那由多, 河村晶子, 山本宏昭, 奥田武志, 前澤裕之, 水野亮, 福井康雄, 大西利和, 水野範和, G. Rowell.
日本天文学会秋季年会, 山口大学, 2009年9月14-16日 (口頭講演)